ニキビ 予防 食べ物

ニキビ予防に良い食べ物は?

ニキビ予防に良い食べ物

ニキビの原因は様々なことが考えられますが、その大きな原因の一つとして、食生活の乱れが挙げられます。
特に、脂っこい食べ物が好きな人は要注意!です。

 

では、いったいどのような食べ物がニキビになりやすく、またニキビを防ぐための食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

 

 

<ニキビになりやすい食べ物>
これは、皆さんもご存じのように、糖分と脂肪分の多いものがニキビの原因になると言われています。
たとえば、チョコレートやケーキ、ピーナッツ、ジュース、ポテトチップなどの食べ過ぎは危険です。
ニキビの原因だけでなく、肥満の原因にもなりますので、くれぐれもご注意を。
また、トウガラシなどの香辛料の摂りすぎ、カフェインやアルコールの摂り過ぎはニキビ予防に有効とされるビタミンB群などの吸収を低下させてしまったり、香辛料は内臓に負担をかけますので、摂りすぎに注意しましょう。

 

 

<ニキビを防ぐ・改善する食べ物>
よく、ニキビにはチョコラBBが効くと言われますが、実際にチョコラBBは、女性の味方であると考えます。
なぜなら、チョコラBBには肌荒れの改善効果があるビタミンB群が多く含まれているからです。

 

ということで、ニキビを防ぐ食べ物(栄養)ベスト3をご紹介します。

 

ビタミンB群

ビタミンB2、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6は特にお肌の生まれ変わりのサポートであったり、皮膚へ栄養を与える働きがあります。また、ビタミンB1やB12などもお肌に必要な栄養を運ぶのに欠かせないものです。

 

具体的な食べ物…納豆、マグロ、かつお、ニンニク、レバー、たまご、マグロ、うなぎ、牛乳、さんまなどどちらかというと、タンパク質を多く含む食べ物に含まれています。

 

ビタミンC

これも有名ですね。ビタミンCは、免疫力UP効果もありますので、肌の健康だけでなく、炎症を抑える効果や、ニキビ跡の改善にも効果が期待できます。

 

具体的な食べ物…アセロラジュース、ゆず、オレンジ、赤・黄ピーマン、いちご、レモン、キウイフルーツなどの果物や野菜に多く含まれています。

 

.ビタミンE・ビタミンA

ビタミンEはニキビの原因である活性酸素を除去する働きがあり、ビタミンAには皮膚の免疫力を向上させる働きがあります。よく聞くアクネ菌と戦うのにこのビタミンAが必要となります。

 

具体的な食べ物…ビタミンEはいくらやすじこなど、ビタミンAはにんじん、ホウレンソウ、カボチャ豚や鶏のレバーに含まれます。

 

 

番外編)食物繊維…なぜ?と思われがちですが、食物繊維には便秘解消の作用があります。便秘はニキビの原因にもなり得ますので、しっかり解消しておく必要があるのです。また、腸内環境を整えるためにも必要となります。
主にゴボウや豆類などに含まれます。
また、同じように乳酸菌にも腸内環境を整える働きがあります。
ヨーグルトや漬物などの発酵食品に含まれています。


ホーム RSS購読 サイトマップ