ニキビ跡 対処方法

ニキビ跡の対処方法

ニキビ跡の対処方法

ニキビ跡が治らないで困っている人はいませんか?
ニキビ跡は治りにくく、ひどい人だと一生ニキビ跡と付き合っていかなければならないという人もいます。
かく言う私も、その一人でして、鼻下のニキビ跡とはもう20年位のお付き合いとなっています。

 

しかし、そんなニキビ跡が一つならまだしも、たくさんあって困っている人、そんな人には治療ができるかもしれないという情報があることだけはお伝えしておきます。
以前はなかなか治せないと言われていたニキビ跡ですが、近年の医療発達にり、それも治療できるということなのです。
ニキビ跡にも種類があり、赤みだけが残ってしまうタイプ、色素沈着により茶色や紫のシミとなって残るタイプ、クレーターと呼ばれる肌がデコボコ状になってしまい治らないタイプに分かれます。
特に、クレータータイプの場合は自分で治すのは、ほぼ無理だと思っておいた方がよいでしょう。
女性の場合は、化粧で多少は隠せるかもしれませんが、人によってはクレーターにより、気持ち悪がられてしまうこともあります。
結論としては、皮膚科でピーリング等の施術を行ってもらうことでよくなってきますが、重症の場合はレーザー治療が必要となりますので、費用の負担も大きくなります。

 

 

自分でできる共通の対処法としては、睡眠時間の確保、ストレスを溜めないこと、ビタミン類とタンパク質が含まれる食事を意識して摂取すること、運動の継続、紫外線対策などがあります。
特に、睡眠においては22時〜2時まではお肌のゴールデンタイムと言われていますので、この時間はしっかりと眠っているようにしましょう。
それだけでも翌日からのお肌の状態はだいぶ変わってきます。

 

食事は、ニンジンやカボチャ、お肉、魚、豆腐、納豆、チーズ、キノコ類や海藻類を積極的に摂取するようにしましょう。
運動を行うことは、代謝UPに繋がり、お肌のターンオーバーが正常に行われるようになります。
そうすることで、老廃物の排出もきちんと行われるようになります。
また、体を動かすのは、ストレス発散にももってこいですよね。

 

日々の生活を改善するだけで、ニキビ跡が薄くなることもあります。
自分でできることは自分で行い、またそれでもどうにもならない場合は、皮膚科を訪れてみましょう。

 

クレーターでないニキビ跡の場合は、洗顔とピーリング、ビタミンC誘導体の配合された化粧水、保湿成分配合の乳液、ビタミンC誘導体配合の美容液、そしてイオン導入器でよくなることがありますので、試してみるとよいかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ